〒342-0050 埼玉県吉川市栄町1398-6

  • 切断作業中の材料の高さの変化はリニアエンコーダにより検知されます。

  • 衝突検出器はノズルや部品を保護します。

  • ノズル先端がセンサに覆われているので、加工中の吹き返しを最小限に抑えます。

  • 電動Z軸やTilt-A-Jet®ヘッドに簡単に装着ができます。

  • 全切断行程を通じて材料の高さや凹凸を検知し続けます。

  • 加工面において凹凸を自動検知するのでプログラムの手間が激減します。

  • 特別なプログラミングは必要なく、設定と操作が非常に簡単です。

  • ウォータージェット環境に十分耐えうる防水機構を採用しています。

特徴

Collision Sensing Terrain Follower

(衝突検知フォロワー)

Collision Sensing Terrain Follower (凹凸追従機構)は凹凸のある面で加工するには不可欠なツールです。

材料の高さの初期設定後、凹凸追従機構が継続的に高さや凹凸を検知し、凹凸面を加工します。

ノズルの損傷を避けるために衝突を検知した場合は加工を一時停止します。

装着の際、追加のプログラミングは必要なく、電動Z軸やTlit-A-Jetヘッドに簡単に装着が可能です。

加工中における材料との接触によるノズルや部品の損傷を気にする必要が無くなり、円滑な作業が行えるようになります。

その他のアクセサリーオプション